山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
 
展示案内

かいじあむ おすすめの展示資料
 山梨県立博物館では、およそ2ヶ月に1度の頻度で常設展示室の展示替えを実施しています。資料によっては、保存管理上1ヶ月程度で展示替えするものもあります。現在展示中の資料のうち、 おすすめのものをこちらでご紹介しております。ぜひ、山梨の歴史を語る貴重な資料と会いにかいじあむへお越しください。
 

■ おすすめ展示資料の開催予定

山梨の春は、桃と桜と信玄公(令和3年2月17日〜4月19日)
災いと人々 祈る・助けあう・乗りこえる(令和3年4月21日〜6月14日)
資料でめぐる山梨の旅(令和3年6月16日〜8月16日)
やまなしの人々と山(令和3年8月18日〜10月18日)
素晴らしき甲州文庫の世界―県移管70周年記念―(令和3年10月20日〜12月13日)
招福!かいじあむのお正月(令和3年12月15日〜令和4年2月14日)

※テーマ、期間は変更する場合がございます。


 
■ 開催中のおすすめ資料【災いと人々 祈る・助けあう・乗りこえる】

テーマ展示「災いと人々 祈る・助けあう・乗りこえる」の案内表示

東日本大震災から10年。
毎年のように大規模な災害が日本を襲い、今なお多くの人々が、災害と向き合って日々を送っています。

地震、水害、火災、疫病…山梨県(甲斐国)でも、古くから多くの災害が人々を襲ってきました。しかし、その度に人々は助けあって、立ち上がり、災いを乗り越えて来たのです。

「忘れたころにやってくる」、いつかは来てしまうかもしれない「その日」について、資料をみながら考えてみてはいかがでしょうか。


信玄堤絵図

「出し」が堤防を守っています。

信玄堤絵図


江戸時代の竜王信玄堤(甲斐市)の状況を描いた絵図。「出し」と呼ばれる突堤が設けられ、堤防本体を守っている様子がわかる。 

水に取り組む」に展示中

疱瘡除けには赤い包装紙

御菓子袋(升太の広告集)


甲府八日町の菓子屋、升屋太郎右衛門こと升太の広告類が貼られた貼交帳に見られる、浮世絵師の歌川国芳が手掛けた菓子袋(前期)。同じく貼交帳に貼られた全体が赤色で仕立てられた升屋の菓子袋。どちらも、疱瘡除けの意味合いが込められ作らえた菓子袋と考えられる。

江戸文化の往来」に展示中
※途中ページ替えあり

横綱金太郎が病気を退治

御菓子袋


金太郎が中央に描かれた菓子袋で、まわしをつけた金太郎が土俵にあがり、しこを踏んでいるようである。金太郎の肌は赤く描かれることが多いが、これは疱瘡除けの意味合いがあるといわれている。他にも桃太郎や源為朝、鍾馗、みみずく、兎、達磨などが疱瘡絵の題材として使われていた。

江戸文化の往来」に展示予定
※展示期間5月12日(水)〜6月14日(月)

地震発災時は命を守る行動を

『安政見聞録 上』


服部保徳著、挿絵は歌川芳晴(芳春)による。安政2年10月2日(1855年11月11日)に江戸を襲った安政江戸地震に素材をとった読本。この地震では江戸近辺で震度6相当、甲府でも震度4以上の揺れであったと推定されている。

転換期に向き合う」に展示中

安政見聞録 上

災害関連資料は、下記の表示を目印に探してみてください。


テーマ
今回の学芸員のおすすめ資料は、<災いと人々 祈る・助けあう・乗りこえる>です。

展示期間
 令和3年4月21日(水曜)から6月14日(月曜)まで

展示場所
常設展示室 「水に取り組む」、「道がつなぐ出会い」、「江戸文化の往来」ほか

 
ページトップへページトップへ戻る
 
■ 終了したおすすめ資料・テーマ展示【山梨の春は、桃と桜と信玄公】



山梨の春は桜や桃が咲き誇り、甲府盆地を花の色で彩ります。
春はまた、戦国時代を代表する武将 武田信玄にゆかりのある季節です。元亀4年(1573)4月12日に亡くなった信玄をしのんで、山梨では様々なお祭りやイベントが催されます。
県立博物館でも、毎年恒例の武田特集で信玄ゆかりの資料を数多く展示しております。今年はさらに、山梨の春を彩る桃や桜に関する資料も展示しています。ぜひ博物館で山梨の春を満喫しながら、武田信玄と戦国の世に思いをはせてみてください。

武田氏ゆかりの像
韋駄天立像
いだてんりゅうぞう

両手で合掌し、兜をかぶる韋駄天立像。禅宗寺院の厨房に安置されることが多い。兜内部に記された銘により、武田氏縁の像と考えられる。

信仰の足跡に展示中

春だ!ぶちかませ!!
砲弾
ほうだん

柏尾の戦いに際し、幕府軍が新政府軍に打ち込んだ不発弾であるという。1859年にフランスで開発された野戦砲「四斤山砲」の砲弾と同形である。日本では慶応2年(1866)の第二次長州征討に際して幕府陸軍が使用したことが知られており、明治に至るまで陸軍の主力装備の1つであった。

「転換期に向き合う」に展示中


武田信玄に仕える家臣団のすがた!
武田二十四将図
たけだにじゅうししょうず

最も古い作例のひとつと考えられている、丹絵(墨で摺った輪郭線だけの版画に手彩色で色を加えたもの)の武田二十四将図。信玄は画面上部中央に、その下に23名の武田家家臣の姿が、軍議を行っているかのように描かれている。江戸時代前期に役者絵を始めた鳥居派の祖、初代鳥居清信(1664〜1729)による作例と考えられている。
※令和3年3月17日(水)から4月12日(月)までの限定展示

江戸文化の往来に展示中




甲越武勇伝大膳大夫晴信入道信玄
こうえつぶゆうでん だいぜんたゆうはるのぶにゅうどうしんげん

甲越武勇伝とは、甲軍が20名、越軍が20名の計40名の武将からなる揃い物で、もともとは絵双紙に仕立てられていた。各自の武勇伝が上部に記されるとともに、甲冑姿の全身像が表されている。信玄の嫡子である武田太郎義信や武田左馬之助信繁など、武田二十四将図には通常みられない人物も描かれている点が特徴である。作者の歌川芳勝(生没年未詳)は幕府の醤油御用達をしていたが、後に歌川国芳(1797〜1861)の門人となった。
※令和3年2月17日(水)〜3月15日(月) までの限定展示

江戸文化の往来に展示中

甲越武勇伝山本勘助晴幸入道道鬼斎
こうえつぶゆうでんやまもとかんすけはるゆきにゅうどうどうきざい

甲越武勇伝とは、甲軍が20名、越軍が20名の計40名の武将からなる揃い物で、もともとは絵双紙に仕立てられていた。各自の武勇伝が上部に記されるとともに、甲冑姿の全身像が表されている。題名の「道鬼」とは、勘助が出家後、法名として名乗った名である。
※令和3年3月17日(水)から4月12日(月)までの限定展示

江戸文化の往来に展示中

山梨の春のお祭り、御幸祭!
甲山峡水
こうざんきょうすい  

山梨県の名所を紹介する観光ガイドブック。中央線甲府開業を機に企画され、明治39年(1906)に開催された一府九県連合共進会の際に刊行された。富士山、屏風岩、猿橋、昇仙峡、御幸祭などが挿絵で紹介されている。

変貌する景観に展示中


信玄公、春関連資料は、下記の表示を目印に探してみてください。

武田菱 春の花

テーマ
今回の学芸員のおすすめ資料は、<山梨の春は、桃と桜と信玄公>です。

展示期間
 令和3年2月17日(水曜)から4月19日(月曜)まで

展示場所
常設展示室 「信仰の足跡」、「道がつなぐ出会い」、「江戸文化の往来」ほか

 
ページトップへページトップへ戻る


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針