山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

8 里にくらす

 
「戦国からのメッセージ」展示室写真
里の生活を理解するために、里の人々が盆地や扇状地、丘陵地などの自然地形を活かしながら山梨を代表する産物を生み出し、人やモノのさまざまな交流があったことを紹介します。

展示資料
※新型コロナウイルス感染拡大防止のためご観覧いただけない資料を、色付きで示しております 

資料名
時代
所有
指定
資料解説
千野村絵図 (甲州文庫) 文政12年
(1829)
山梨県立博物館   江戸時代の千野村(甲州市)を描いた絵図。
丸石道祖神(複製)    山梨県立博物館   山梨県の甲府盆地およびその周縁部を中心に分布する、丸石を御神体とする道祖神の石像物。
雛問屋差縺一件訴状并内済証文 嘉永5年(1852) 山梨県立博物館   おかぶとの製造・販売をめぐって複数の雛問屋の間で起きた訴訟に関する資料。おかぶとが盛んに売れていたことをうかがわせる。
おかぶと(信玄) 明治時代か 山梨県立博物館   甲斐国独自の端午の節供飾り。張り子製。
日本歳時記 貞享5年
(1688)
山梨県立博物館   初期の頃の5月の節供飾りの様子。
裏見寒話 宝暦2年
(1752)
山梨県立博物館   山中に棲む異人や狒狒、山の神の化身の金色の鹿など、山に関する怪談が多く記されている。山中が神仏や魔物の領域である異世界とみなされてきたことのあらわれであろう。また、山との関わりが深い甲斐国の特徴とみることもできる。
往来手形
(上野晴朗氏収集資料)
江戸時代  山梨県立博物館   往来手形とは、江戸時代の旅行者の旅行許可書のこと。旅行者の氏名・年齢・居住地のほか、旅の目的などが記されている。本資料は、小佐手村(現甲州市勝沼町)の百姓武兵衛・藤蔵忰儀助が三峰山(現埼玉県秩父市)に参詣するために発行された往来手形。
秋葉神社火災防護御札(太田家文書) 明治33年(1901) 山梨県立博物館   防火祈願の秋葉講である。山梨県では、秋葉山にある秋葉神社および秋葉寺(静岡県浜松市天龍区春野町)、かつて秋葉山の管理にあたっていた可垂斎(静岡県袋井市)、さらに静岡市清水区西久保の秋葉山に、各地からの代参者が参詣する。
秋葉山代参諸入用並見舞帳(太田家文書) 明治23年(1890) 山梨県立博物館   秋葉山への代参者に贈られた品々を書き記した帳面。酒や酒札(商品券)、魚札、玉子などが多く見られる。代参者が出発する時や帰着した際に祝宴を催すという習俗がある。記された品々は、この祝宴に用いられたものかと推測される。
神犬神札 昭和 山梨県立博物館   ヤマイヌを眷属とする神社の神札。県内では、授与された神札は蔵などに貼って盗難除けとすることが多かった。
大日本物産図会 甲斐国白柿製之図 明治10年
(1877)
山梨県立博物館   枯露柿づくりの様子。
金草鞋十二編身延山道中記(甲州文庫) 文政2年(1819)年 個人蔵   旅姿の男女の傍らに道祖神が描かれている。道の先には集落がある。ここに描かれた道祖神は集落の入口を象徴するモチーフとして描かれたものである。文学作品の中には、このように境界や旅の象徴としての道祖神が登場することがある。
『風俗画報』第26号(頼生文庫) 明治24年(1891) 山梨県立博物館   松里村(現甲州市塩山松里)における、道祖神の渡御の様子。
山神社神札 現代 山梨県立博物館   笛吹市石和町松本にある山神宮はオテンゴウサン(お天狗さん)と呼ばれ、毎年2月21日の午前零時から始まる祭りで授与される神札は、養蚕アタリ(繭の豊作)にご利益があるとされている。
韓国出土 陽物型木簡(複製) 538〜567年 山梨県立博物館   韓国忠清南道扶余郡扶余邑陵山里寺跡から出土した木簡。「道の縁に立てる」と記されている。
野辺送りの式 明治16年(1883) 山梨県立博物館   故人の人生を締めくくる「旅」でもある葬列にまつわる資料。本資料は甲府の豪商大木家が行った葬儀にまつわるもので、葬列の順番が記されている。
山車と神輿写真 大正時代 山梨県立博物館   大正時代初期に撮影された御幸祭(一宮浅間神社)や八幡神社(南アルプス市上宮地)の神輿、柳町大神宮の山車の写真。
峡中紀行(甲州文庫) 明治30年
(1897)
原本は宝永3年(1706)
山梨県立博物館   キの神は、江戸時代の儒学者荻生徂徠によって初めて記録された。
おかぶと(桃太郎) 明治時代 山梨県立博物館   張り子製の端午の節供飾り。
軍馬帽
(長田家資料)
昭和 山梨県立博物館   馬の日除けの帽子。
馬ブラシ(鉄製)  昭和 山梨県立博物館   馬の血行をよくするためのブラシ。
馬ブラシ(藁製) 
(小林コレクション)
昭和 山梨県立博物館   馬の毛並みを整えるためのブラシ。
馬草鞋   山梨県立博物館   馬の履いた草鞋。
甲斐叢記(甲州文庫) 嘉永4年
(1851)
山梨県立博物館   甲斐国の地理・歴史を記した書物。「甲州八珍果(峡中八珍果)」が挿絵入りで紹介されている。八珍果とは、江戸時代の甲斐国を代表する八種類の果樹で、その内容はブドウ・ナシ・モモ・カキ・クリ・リンゴ・ザクロ・クルミ(一説には銀杏)である。誰によって選ばれたのかは不明であるが、これらが甲斐国を代表する果実であることは古くから知られていたようだ。
煙草包装紙
〈篠原家資料〉
明治22年
(1889)
山梨県立博物館   上今諏訪村(現南アルプス市)で生産された梅煙という煙草の包装紙。組み立てると箱になる。
煙草入れ
(大木家資料)
  山梨県立博物館   煙草と煙管をいれるための道具。
煙草箱
明治時代 山梨県立博物館   明治時代に山梨県内で生産された煙草の箱。
百万遍の馬草鞋(再現品) 現代 山梨県立博物館   甲州市塩山牛奥地区で、毎年7月14日に行われる百万遍の道切り行事で用いられる馬の草鞋。村の入口4ヶ所に立て、悪いものが入らない呪いとする。


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針