山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

8 里にくらす
 
「里にくらす」展示室写真  里の生活を理解するために、里の人々が盆地や扇状地、丘陵地などの自然地形を活かしながら山梨を代表する産物を生み出し、人やモノのさまざまな交流があったことを紹介します。
展示資料 
資料名
時代
所有
指定
資料解説
千野村絵図 (甲州文庫) 文政12年
(1829)
山梨県立博物館   江戸時代の千野村(甲州市)を描いた絵図。
丸石道祖神(複製)    山梨県立博物館   山梨県の甲府盆地およびその周縁部を中心に分布する、丸石を御神体とする道祖神の石像物。
測量器(複製) 江戸時代(19世紀頃) 山梨県立博物館
(原資料 個人蔵)
  浅尾新田村(北杜市)の窪田幸左衛門(1771-1856)が土木工事に用いていた測量器。持ち運びやすいように簡単に分解・組み立てが出来る作りとなっている。朝穂堰、楯無堰、新倉掘抜、甲府城下町の上水など、甲斐国内の主な用水路はもとより、駿河や信濃といった他国の用水工事などにも用いられた。
おかぶと(天狗) 明治時代か 山梨県立博物館    張り子の技法で作られた端午の節供飾り「おかぶと」のうち、天狗をあらわしたもの。
蛭子講入用覚(大木家文書) 安政6年
(1859)
山梨県立博物館   エビス講は商家が商売繁盛を祈願する行事で、旧暦では十月二十日にエビス像に供物をして祀った。本資料はエビス講を行うにあたって購入した品々の一覧であり、蓮根、蜜柑、柚子、人参、大根、砂糖などが書かれており、供物やそれに用いる料理の材料であると考えられる。家の中の行事であったエビス講は、明治・大正時代になると次第に顧客サービスの日に転じていった。大正時代の場合、旧暦十月十日のトオカンヤ(十日夜)には日頃付き合いのある農家から商家に餅や野菜を贈り、エビス講では商家から農家に魚などを贈ったり客を招待して接待が行われたという。その後昭和に入ると、エビス講はより大規模な商業イベントへと発達し、現在に至っている。
諸国道中商人鑑(甲州文庫) 文政10年
(1827)
山梨県立博物館   諸国を旅する人たちのために、街道筋の旅籠や店を紹介したガイドブック。甲府の水菓子問屋では、「生葡萄」「乾葡萄」のほか青梨子、打栗・勝栗、むき胡桃、柿の砂糖漬けなども売られていた。
もじり(県教育委員会収集資料) 昭和 山梨県立博物館   川漁で使用される道具で、ウナギなどを獲った。竹製。
婚礼の盃(樋口家資料) 明治時代以降 山梨県立博物館   婚礼における夫婦固めの儀式(いわゆる「三々九度」)で用いられる盃。吉祥柄としても代表的なツルがつがいで描かれている。
出産見舞の控(大木家資料)

明治28年
(1895)

山梨県立博物館   出産に際して贈られた祝儀品を書き留めた帳面。比良目(ヒラメ)やむつ等の海産物や玉子、扇子などがみえるほか、「ぶどう酒」と書かれているのが興味深い。当時のぶどう酒が嗜好品というより、滋養強壮食品であったことがうかがえる。
甲府買物独案内(甲州文庫) 嘉永7年(1854) 山梨県立博物館   甲府において雛人形を扱った問屋が記されている。右頁右側の松城屋の屋号の下に、、小さく「地」と記されている。地細工物問屋の意味であると推測される。この店は、カナカンブツ(おかぶと)の元祖であったという。
甲府買物独案内(甲州文庫) 明治5年(1872) 山梨県立博物館  

四方津村(現上野原市)ほかにおいて、雨乞いの祭りを行った際の様子について書き記したもの。雷様の絵は、祭りのための雷神の作り物を描いており、水の恵みと雷とが結びついた信仰があったことがわかる。

身延参詣甲州道中膝栗毛(甲州文庫) 安政4年
(1857)
山梨県立博物館   ぶどう売りで華やぐ甲州街道の勝沼宿の様子。描かれているのは、街道に面した竹棚に垂れ下がるぶどう、籠いっぱいに収穫したぶどうを運ぶ女性、縁台に並べたぶどうを売る女性。そして縁台の前でぶどうの品定めをしているのが、主人公の弥次郎兵衛と北八である。
『甲州道中記』写本(若尾資料) 大正時代
(原本は江戸時代)
山梨県立博物館   江戸時代のぶどうの加工食品としては乾葡萄、砂糖とともに煮詰めて練り固め、ジャム状にした葡萄膏(ぶどうこう)などがあった。また、現在も土産品として知られている菓子「月の雫」(ぶどうの砂糖かけ)も販売されていた。展示の箇所は、その「月の雫」を桶で仕込んでいる様子である。
キの神神札 現代 山梨県立博物館   山梨岡神社に祀られている異形の神「キ」の神札。
峡中紀行(甲州文庫) 明治30年(1897)
原本は宝永3年(1706)
山梨県立博物館   キの神は、江戸時代の儒学者荻生徂徠によって初めて記録された。
ぶどうの粒抜き(小林コレクション) 昭和 山梨県立博物館   甲州市塩山にて使用されたぶどう栽培の道具。色が悪くなったり、収穫後、出荷前に傷んだ果粒を抜き取るために使用した。
お荒神
(小林コレクション)
昭和 山梨県立博物館   台所の神様。
地神さん
(小林コレクション)
昭和 山梨県立博物館   大地の神様。
軍馬帽
(長田家資料)
昭和 山梨県立博物館   馬の日除けの帽子。
馬ブラシ(鉄製)  昭和 山梨県立博物館   馬の血行をよくするためのブラシ。
馬ブラシ(藁製) 
(小林コレクション)
昭和 山梨県立博物館   馬の毛並みを整えるためのブラシ。
馬草鞋   山梨県立博物館   馬の履いた草鞋。
日本山海名産図会 寛政11年
(1799) 
山梨県立博物館   野生種のぶどうを採取する様子が描かれている。日本にはヤマブドウ、エビヅルなどの野生種のぶどうが自生していた。山梨県内では大師東丹保遺跡(南アルプス市)を最古として、弥生時代のブドウが出土している。また、山ぶどうやエビヅルは、日本酒や焼酎に漬け込んで作る薬酒としての「ぶどう酒」の原料としても使われていたことが、江戸時代の書物に記されている。
和漢三才図会(大木家資料) 明治19年
(1886)
山梨県立博物館   甲斐国についての記述の部分に、「甲斐の国土産」として「葡萄」が記されている。他には栗や胡桃、柿などの果物や、紬、紙などがあげられている。
甲斐叢記(甲州文庫) 嘉永4年
(1851)
山梨県立博物館   甲斐国の地理・歴史を記した書物。「甲州八珍果(峡中八珍果)」が挿絵入りで紹介されている。八珍果とは、江戸時代の甲斐国を代表する八種類の果樹で、その内容はブドウ・ナシ・モモ・カキ・クリ・リンゴ・ザクロ・クルミ(一説には銀杏)である。誰によって選ばれたのかは不明であるが、これらが甲斐国を代表する果実であることは古くから知られていたようだ。
煙草包装紙
〈篠原家資料〉
明治22年
(1889)
山梨県立博物館   上今諏訪村(現南アルプス市)で生産された梅煙という煙草の包装紙。組み立てると箱になる。
煙草入れ
(大木家資料)
  山梨県立博物館   煙草と煙管をいれるための道具。
煙草箱
明治時代 山梨県立博物館   明治時代に山梨県内で生産された煙草の箱。
百万遍の馬草鞋(再現品) 現代 山梨県立博物館   甲州市塩山牛奥地区で、毎年7月14日に行われる百万遍の道切り行事で用いられる馬の草鞋。村の入口4ヶ所に立て、悪いものが入らない呪いとする。



戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針