山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

8 里にくらす

 
「戦国からのメッセージ」展示室写真
里の生活を理解するために、里の人々が盆地や扇状地、丘陵地などの自然地形を活かしながら山梨を代表する産物を生み出し、人やモノのさまざまな交流があったことを紹介します。

展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
千野村絵図 (甲州文庫) 文政12年
(1829)
山梨県立博物館   江戸時代の千野村(甲州市)を描いた絵図。
丸石道祖神(複製)    山梨県立博物館   山梨県の甲府盆地およびその周縁部を中心に分布する、丸石を御神体とする道祖神の石像物。
おかぶと(カナカンブツ・信玄) 明治時代か 山梨県立博物館   甲斐国独自の端午の節供飾り。張り子製。
日本歳時記 貞享5年
(1688)
山梨県立博物館   初期の頃の5月の節供飾りの様子。
裏見寒話 宝暦2年
(1752)
山梨県立博物館   山中に棲む異人や狒狒、山の神の化身の金色の鹿など、山に関する怪談が多く記されている。山中が神仏や魔物の領域である異世界とみなされてきたことのあらわれであろう。また、山との関わりが深い甲斐国の特徴とみることもできる。
日本歳時記 貞享5年
(1688) 
個人蔵   おかぶとの製造・販売をめぐって複数の雛問屋の間で起きた訴訟に関する資料。おかぶとが盛んに売れていたことをうかがわせる。
婚礼の盃(樋口家資料) 明治時代以降 山梨県立博物館   酒は単なる嗜好品ではない。同じ盃を用いて酒を飲むことは儀式の一部として、人と人との新たな関係を結ぶ時にも用いられる。代表例として、婚礼における夫婦固めの盃が挙げられる。
おかぶと(カナカンブツ・天狗) 明治時代か 山梨県立博物館   甲斐国独自の端午の節供飾り。張り子製。
食初めの食器 平成24年 個人蔵   食初めは生後100日頃に行われる成長の節目の行事で、生児が初めて大人と同じ食べ物を食べる習俗である。飯を一粒口の中に入れたり、食べさせる真似をする。
西保下村出産見舞受納帳(西保下村武藤家文書) 文久1年
(1861)
山梨県立博物館   出産の祝いとして贈られた品々を書き付けた帳面。餅や鰹節、凍(氷)豆腐などが記されている。餅は産後の肥立ちや乳の出に良いとされ、親元から贈られた。
出産見舞の控(大木家資料) 明治28年(1895) 山梨県立博物館   出産に際して贈られた祝儀品を書き留めた帳面。海産物や玉子、扇子などがみえるほか、「ぶどう酒」と書かれているのが興味深い。当時のぶどう酒が滋養強壮食品であったことがうかがえる。
山神社神札 現代 山梨県立博物館   笛吹市石和町松本にある山神宮はオテンゴウサン(お天狗さん)と呼ばれ、毎年2月21日の午前零時から始まる祭りで授与される神札は、養蚕アタリ(繭の豊作)にご利益があるとされている。
大和耕作絵抄 大正4年(1915)
原本は元禄年間
山梨県立博物館   上巳の節供(雛祭り)の様子が描かれている。座敷に屏風を立て、その前に紙雛と衣裳雛を一対ずつ並べ、菱餅や白酒(あるいは甘酒)、や雛へのご馳走などの供物を置いている。
身延参詣甲州道中膝栗毛(甲州文庫) 安政4年
(1857)
山梨県立博物館   ぶどう売りで華やぐ甲州街道の勝沼宿の様子。描かれているのは、街道に面した竹棚に垂れ下がるぶどう、籠いっぱいに収穫したぶどうを運ぶ女性、縁台に並べたぶどうを売る女性。
『甲州道中記』写本(若尾資料) 大正時代
(原本は江戸時代)
山梨県立博物館   江戸時代のぶどうの加工食品としては乾葡萄、ジャム状にした葡萄膏(ぶどうこう)などがあった。また、現在も土産品として知られている菓子「月の雫」(ぶどうの砂糖かけ)も販売されていた。
ぶどうの粒抜き(小林コレクション) 昭和 山梨県立博物館   甲州市塩山にて使用されたぶどう栽培の道具。色が悪くなったり、収穫後、出荷前に傷んだ果粒を抜き取るために使用した。
もじり 大正時代以降 山梨県立博物館   川漁において、魚を突いて取るための道具。本資料は、旧塩山市域(現 甲州市塩山)で使用されたもので、生業としての漁というよりは子どもの遊びのひとつであったという。
アボ・ヘボ(上野晴朗氏収集資料) 現代 山梨県立博物館   アボ・ヘボとは、それぞれ「アワ穂」「ヒエ穂」を指す。1月15日を中心とする小正月行事において、ヌルデの木を用いてアワとヒエの稔りの姿を模擬的につくり、その豊作を願う。
おかぶと(カナカンブツ・桃太郎) 明治時代か 山梨県立博物館   甲斐国独自の端午の節供飾り。張り子製。
軍馬帽
(長田家資料)
昭和 山梨県立博物館   馬の日除けの帽子。
馬ブラシ(鉄製)  昭和 山梨県立博物館   馬の血行をよくするためのブラシ。
馬ブラシ(藁製) 
(小林コレクション)
昭和 山梨県立博物館   馬の毛並みを整えるためのブラシ。
馬草鞋   山梨県立博物館   馬の履いた草鞋。
甲斐叢記(甲州文庫) 嘉永4年
(1851)
山梨県立博物館   甲斐国の地理・歴史を記した書物。「甲州八珍果(峡中八珍果)」が挿絵入りで紹介されている。八珍果とは、江戸時代の甲斐国を代表する八種類の果樹で、その内容はブドウ・ナシ・モモ・カキ・クリ・リンゴ・ザクロ・クルミ(一説には銀杏)である。誰によって選ばれたのかは不明であるが、これらが甲斐国を代表する果実であることは古くから知られていたようだ。
煙草包装紙
〈篠原家資料〉
明治22年
(1889)
山梨県立博物館   上今諏訪村(現南アルプス市)で生産された梅煙という煙草の包装紙。組み立てると箱になる。
煙草入れ
(大木家資料)
  山梨県立博物館   煙草と煙管をいれるための道具。
煙草箱
明治時代 山梨県立博物館   明治時代に山梨県内で生産された煙草の箱。
百万遍の馬草鞋(再現品) 現代 山梨県立博物館   甲州市塩山牛奥地区で、毎年7月14日に行われる百万遍の道切り行事で用いられる馬の草鞋。村の入口4ヶ所に立て、悪いものが入らない呪いとする。


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針