山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

8 里にくらす

 
「戦国からのメッセージ」展示室写真
里の生活を理解するために、里の人々が盆地や扇状地、丘陵地などの自然地形を活かしながら山梨を代表する産物を生み出し、人やモノのさまざまな交流があったことを紹介します。

展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
千野村絵図 (甲州文庫) 文政12年
(1829)
山梨県立博物館   江戸時代の千野村(甲州市)を描いた絵図。
丸石道祖神(複製)    山梨県立博物館   山梨県の甲府盆地およびその周縁部を中心に分布する、丸石を御神体とする道祖神の石像物。
おかぶと(天狗) 明治時代か 山梨県立博物館   張り子の技法で作られた端午の節供飾り「おかぶと」のうち、天狗をあらわしたもの。
日本歳時記 貞享5年
(1688)
山梨県立博物館   初期の頃の5月の節供飾りの様子。
裏見寒話 宝暦2年
(1752)
山梨県立博物館   山中に棲む異人や狒狒、山の神の化身の金色の鹿など、山に関する怪談が多く記されている。山中が神仏や魔物の領域である異世界とみなされてきたことのあらわれであろう。また、山との関わりが深い甲斐国の特徴とみることもできる。
種紙袋(県教育委員会保管資料) 昭和  山梨県立博物館   「種紙」を入れた袋。桑の葉とともにウマの絵が描かれている。カイコのアタリを願ったり、縁起を担いだりする意図で描かれたものと考えられる。
婚礼の盃(樋口家資料) 明治時代以降 山梨県立博物館   酒は単なる嗜好品ではない。同じ盃を用いて酒を飲むことは儀式の一部として、人と人との新たな関係を結ぶ時にも用いられる。代表例として、婚礼における夫婦固めの盃が挙げられる。
もじり(県教育委員会収集資料) 昭和 山梨県立博物館   川漁で使用される道具で、ウナギなどを獲った。竹製。
神犬神札 昭和 当館蔵   ヤマイヌを眷属とする神社の神札。県内では、授与された神札は蔵などに貼って盗難除けとすることが多かった。
鎧堂観世音菩薩縁起(若尾資料) 大正5(1916)年 山梨県立博物館   近世後期の甲斐国では、観世音菩薩が牛馬の守護に霊験があるとして信仰を集めた。
『裏見寒話』巻五 宝暦2(1752)年 山梨県立博物館   甲斐国内の怪談を記し、キツネに関する話も見受けられる。例えば、千塚(甲府市)の先の三日月原では、夜間に提灯のような狐火が現れたとか、光澤寺境内(甲府市)の藪には老狐が棲み、油揚を持って付近を通ると取られた、と記す。
山神社神札 現代 山梨県立博物館   笛吹市石和町松本にある山神宮はオテンゴウサン(お天狗さん)と呼ばれ、毎年2月21日の午前零時から始まる祭りで授与される神札は、養蚕アタリ(繭の豊作)にご利益があるとされている。
金桜神社蚕倍盛鼠退散の札(関本家文書) 不明 個人蔵   金桜神社(甲府市)が出した養蚕の神札である。は繭の豊作とネズミ除けに御利益があると書かれている。
稲荷大明神護符(廣瀬家資料) 不明 山梨県立博物館   稲荷は農村部では農神として、都市部では生業守護神や福神として信仰されることが多いが、他にも地域により水神、蚕神、福神など、人々の諸願をを叶える神として多様な信仰のあり方を見ることができる。
正の木稲荷絵馬(甲州文庫) 不明 甲斐国の代表的な稲荷のひとつである正の木稲荷の絵馬。   江戸時代のぶどうの加工食品としては乾葡萄、ジャム状にした葡萄膏(ぶどうこう)などがあった。また、現在も土産品として知られている菓子「月の雫」(ぶどうの砂糖かけ)も販売されていた。
キの神神札 現代 山梨県立博物館   山梨岡神社に祀られている異形の神「キ」の神札。
鎮目村山梨岡神社キ神来由記(甲州文庫) 慶応2年
(1866)
山梨県立博物館   キの神の由緒書。
もじり 大正時代以降 山梨県立博物館   川漁において、魚を突いて取るための道具。本資料は、旧塩山市域(現 甲州市塩山)で使用されたもので、生業としての漁というよりは子どもの遊びのひとつであったという。
峡中紀行(甲州文庫) 明治30年
(1897)
原本は宝永3年(1706)
山梨県立博物館   キの神は、江戸時代の儒学者荻生徂徠によって初めて記録された。
びんぶせ(小林コレクション) 昭和 山梨県立博物館   川漁で使用される道具で、小魚やウナギなどを獲った。ガラス製。生業としての漁というよりは子どもの遊びのひとつであったという。
軍馬帽
(長田家資料)
昭和 山梨県立博物館   馬の日除けの帽子。
馬ブラシ(鉄製)  昭和 山梨県立博物館   馬の血行をよくするためのブラシ。
馬ブラシ(藁製) 
(小林コレクション)
昭和 山梨県立博物館   馬の毛並みを整えるためのブラシ。
馬草鞋   山梨県立博物館   馬の履いた草鞋。
甲斐叢記(甲州文庫) 嘉永4年
(1851)
山梨県立博物館   甲斐国の地理・歴史を記した書物。「甲州八珍果(峡中八珍果)」が挿絵入りで紹介されている。八珍果とは、江戸時代の甲斐国を代表する八種類の果樹で、その内容はブドウ・ナシ・モモ・カキ・クリ・リンゴ・ザクロ・クルミ(一説には銀杏)である。誰によって選ばれたのかは不明であるが、これらが甲斐国を代表する果実であることは古くから知られていたようだ。
煙草包装紙
〈篠原家資料〉
明治22年
(1889)
山梨県立博物館   上今諏訪村(現南アルプス市)で生産された梅煙という煙草の包装紙。組み立てると箱になる。
煙草入れ
(大木家資料)
  山梨県立博物館   煙草と煙管をいれるための道具。
煙草箱
明治時代 山梨県立博物館   明治時代に山梨県内で生産された煙草の箱。
百万遍の馬草鞋(再現品) 現代 山梨県立博物館   甲州市塩山牛奥地区で、毎年7月14日に行われる百万遍の道切り行事で用いられる馬の草鞋。村の入口4ヶ所に立て、悪いものが入らない呪いとする。


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針