山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

16 巨富を動かす

 
「戦国からのメッセージ」展示室写真
 幕末期に生糸取引で活躍した甲州屋忠右衛門や、のちに甲州財閥として巨富を動かした若尾逸平らの人物像に迫り、甲州から出発した彼らの旺盛な行動力や積極性について紹介します。
  また、甲州財閥の行った電気や鉄道をはじめとした町の基盤づくり事業が、現在の私たちのくらしに生きていることを紹介し、日本や山梨の近代化における彼らの事業の意義を明らかにします。

展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
甲武中央篠井線旅行案内(甲州文庫) 明治38年
(1905)
山梨県立博物館   甲武鉄道(飯田町―八王子)、中央線(八王子―塩尻)、篠ノ井線(塩尻―長野)の各駅の紹介および商工案内を掲載したもの。刊行時(明治38年1月)は、中央線の富士見―塩尻間は未開通(岡谷までが11月、塩尻までは翌明治39年開通)で、八王子以東はまだ国有化されていないが、3路線を通して紹介している。
中央東線鉄道線路概況(甲州文庫) 明治36年
(1903)
山梨県立博物館   明治36年6月11日の中央線甲府開業と同時に刊行されたパンフレット。甲府以東の各駅の状況のほか、笹子隧道をはじめとした諸施設の諸元や整備状況、若尾逸平ら名士が詰めかけた笹子隧道開通記念をはじめとした写真を収録している。
旅行の友 創刊号(甲州文庫) 昭和6年
(1931)
山梨県立博物館   中央線が甲府まで電化した年の観光パンフレット。自動車による郊外への誘いや、ラジオや映画といったメディアの活用など、観光の新たな時代の到来を感じさせる内容。
月の雫の引札(上野晴朗氏収集資料(歴史資料)) 明治23年
(1890)
山梨県立博物館   甲州名産のお菓子として売られた月の雫の広告。第3回内国勧業博覧会での褒状と、当時扱われた各種果物があしらわれた意匠となっている。
国鉄監修・交通公社の時刻表 昭和48年
(1973)
山梨県立博物館   昭和戦後期の時刻表。中央線の急行列車全盛期のダイヤの下には、沿線各駅の名産が記され、各種駅弁や月の雫、笹子餅といった名物が当時の価格とともに挙げられている。
甲府駅発車時間表(三井家文書) 昭和4年
(1929)
山梨県立博物館   電化直前の甲府駅の時刻表(時間表)。全通直後の富士身延鉄道(身延線)の静岡方面への発車時刻を左に、中央線の上下の時刻を右に表しており、中央線の上り下りを足した本数と身延線の上りの本数がほぼ同じであることがわかる。また、中央線下りには現在は存在しない中央東線と西線を直通する「名古屋行」を見ることが出来る。
昭和時代のベンチ 昭和時代 個人   昭和時代のベンチ。背もたれとなっている琺瑯看板に「牛乳の王様 明治ゴールド牛乳」と書かれている。

武田信玄公像ミニチュア

昭和時代 山梨県立博物館   昭和44年(1969)に甲府駅南口に設置された武田信玄公像のミニチュア。同像はもともと平和通りを見渡す位置に設置されたが、かいじ国体にあわせた駅前整備事業により、現在地に移転された。


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針