山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

16 巨富を動かす

 
「戦国からのメッセージ」展示室写真
 幕末期に生糸取引で活躍した甲州屋忠右衛門や、のちに甲州財閥として巨富を動かした若尾逸平らの人物像に迫り、甲州から出発した彼らの旺盛な行動力や積極性について紹介します。
  また、甲州財閥の行った電気や鉄道をはじめとした町の基盤づくり事業が、現在の私たちのくらしに生きていることを紹介し、日本や山梨の近代化における彼らの事業の意義を明らかにします。

展示資料
 
資料名
時代
所有
指定
資料解説
甲斐府有司便覧 明治2年版(甲州文庫) 明治2年
(1869)
山梨県立博物館   甲斐府時代の山梨県の職員録。
甲府県知事并権知事任命につき達(甲州文庫) 明治2年
(1869)
山梨県立博物館   甲府県成立時の滋野井知事の就任に関する通知文。
甲金通用の儀につき達(甲州文庫) 明治4年
(1871)
山梨県立博物館   甲府県による甲金の流通に関する通知。
道祖神祭礼の心得につき達(甲州文庫) 明治4年
(1871)
山梨県立博物館   道祖神祭りにおいて、行き過ぎた行為を控えるように示した通知文。
官員全書山梨県 山梨県官員録(甲州文庫) 明治5年
(1872)
山梨県立博物館   山梨県として初めての新年度の職員録。
平民出庁の節心得方につき達(甲州文庫) 明治5年
(1872)
山梨県立博物館   役所などでの振る舞いについて旧慣を廃するように伝える通知文。作成者は山梨県になっているが、印影は「甲府県」のままである。
若尾逸平ミニチュア 明治〜大正時代 山梨県立博物館   甲府市愛宕山に若尾の米寿記念に建てられた寿像(写真小川一眞、原型河村嘉祥、鋳造漆原新七 『若尾逸平』より。現存せず。南アルプス市に再建銅像が所在。)と同様のミニチュア。像からも小柄な老人であること、右足を踏み出すポーズから、溢れ出る行動力が想起される。明治40年(1907)の銅像建設時、あるいは大正時代の若尾公園の造営時の記念品であろうか。
中央線列車行先表示板 昭和時代 個人蔵   中央線の列車に使用された「甲府行」と表示された行先表示板。裏面には「長野行」と表示されている。


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針