山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

16 巨富を動かす

 
「戦国からのメッセージ」展示室写真
 幕末期に生糸取引で活躍した甲州屋忠右衛門や、のちに甲州財閥として巨富を動かした若尾逸平らの人物像に迫り、甲州から出発した彼らの旺盛な行動力や積極性について紹介します。
  また、甲州財閥の行った電気や鉄道をはじめとした町の基盤づくり事業が、現在の私たちのくらしに生きていることを紹介し、日本や山梨の近代化における彼らの事業の意義を明らかにします。

展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
富士山麓電気鉄道株式会社開通記念郵便はがき(長谷川家文書) 昭和4年
(1929)
山梨県立博物館   富士山麓電気鉄道(現在の富士急行線)が、昭和4年(1929)に開通した際の記念絵はがき。使用されていた車両や富士山と本栖湖、山中湖が描かれ、タトウには予定線を含めた富士山麓の案内図が描かれている。
富士身延鉄道株式会社電鉄全通記念 昭和3年
(1928)
個人蔵   富士身延鉄道(現在のJR身延線)の甲府までの全通の際に刊行された記念誌。初代社長を務めた小野金六や堀内良平の姿をはじめ、沿線風景や鉄道連隊による建設工事の写真も収録している。富士身延鉄道は、明治45年(1912)に創立し、小野金六、堀内良平によって16年の歳月をかけて、昭和3年(1928)に全線開業を果たしている。
小野金六書簡(甲州文庫) 明治45年
(1912)
山梨県立博物館   富士身延鉄道(現在のJR身延線)の初代社長に就いた韮崎出身の実業家・小野金六から、同鉄道の沿線自治体であった鷹岡村(現在の富士市の一部)の役場に宛てた書簡。
小野金六銅像絵はがき 大正13年
(1924)
山梨県立博物館   富士身延鉄道(現在のJR身延線)の初代社長として、その実現に尽力した小野金六の死去翌年に建設された銅像の建設を記念して発行された絵葉書。身延駅の東側の山頂に建設されたが、戦時中の金属供出によって現存していない。左頁は佐竹作太郎。
富士身延鉄道沿線名所図会(甲州文庫) 昭和3年
(1928)
山梨県立博物館   富士身延鉄道(現在のJR身延線)の沿線を描いたパンフレット。作者は当時特徴的な鳥瞰図を得意とした吉田初三郎。
甲府駅発車時間表(三井家文書) 昭和4年
(1929)
山梨県立博物館   電化直前の甲府駅の時刻表(時間表)。全通直後の富士身延鉄道(身延線)の静岡方面への発車時刻を左に、中央線の上下の時刻を右に表しており、中央線の上り下りを足した本数と身延線の上りの本数がほぼ同じであることがわかる。また、中央線下りには現在は存在しない中央東線と西線を直通する「名古屋行」を見ることが出来る。
昭和時代のベンチ 昭和時代 個人   昭和時代のベンチ。背もたれとなっている琺瑯看板に「牛乳の王様 明治ゴールド牛乳」と書かれている。

武田信玄公像ミニチュア

昭和時代 山梨県立博物館   昭和44年(1969)に甲府駅南口に設置された武田信玄公像のミニチュア。同像はもともと平和通りを見渡す位置に設置されたが、かいじ国体にあわせた駅前整備事業により、現在地に移転された。


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針