山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

16 巨富を動かす
 
「巨富を動かす」展示室写真 幕末期に生糸取引で活躍した甲州屋忠右衛門や、のちに甲州財閥として巨富を動かした若尾逸平らの人物像に迫り、甲州から出発した彼らの旺盛な行動力や積極性について紹介します。
  また、甲州財閥の行った電気や鉄道をはじめとした町の基盤づくり事業が、現在の私たちのくらしに生きていることを紹介し、日本や山梨の近代化における彼らの事業の意義を明らかにします。
展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
蒸気車往復繁栄之図(甲州文庫) 明治22年
(1889)
当館蔵   雨宮敬次郎が経営した甲武鉄道(現在のJR中央線の新宿・八王子間にあたる)の沿線風景を描いた錦絵。小金井の桜など、当時の沿線の名所が描かれている。
中央東線鉄道線路概況(甲州文庫) 明治36年
(1903)
当館蔵   明治36年6月11日の中央線甲府開業と同時に刊行されたパンフレット。甲府以東の各駅の状況のほか、笹子隧道をはじめとした諸施設の諸元や整備状況、若尾逸平ら名士が詰めかけた笹子隧道開通記念をはじめとした写真を収録している。
中央線停車場之図(甲州文庫) 明治36年
(1903)
個人蔵   甲府まで開業した中央線の各駅を紹介する広告。
中央鉄道敷設に付意見書(甲州文庫) 明治31年
(1898)
当館蔵   当時の小野田元煕(おのだもとひろ)県知事による、中央線が甲府まで開通するまでの物流促進策として、東京方面への道路改良を説いた意見書。小野田は、まだ鉄道が開業していない山梨県を指して「山梨県ノ交通ハ尚ホ二千年前ノ状態ニアリ」として、道路の改良が急務であることを示している。
甲信鉄道起業取調書(甲州文庫) 明治21年
(1888)
当館蔵   若尾逸平らが計画した山梨への鉄道敷設計画書。当時の東海道線の御殿場駅から甲府を経由して、長野県の松本を目指す路線計画だったが、資金的かつ技術的に建設が困難な御殿場・甲府間には許可が下りず、長野県方面も建設には至らなかった。
山梨鉄道起業意見書(甲州文庫) 明治22年
(1889)
個人蔵   雨宮敬次郎による東京・山梨間の鉄道敷設意見書。雨宮は自ら経営する甲武鉄道(現在のJR中央線新宿・八王子間)に接続する山梨鉄道案を提唱し、御殿場から甲府盆地へ延ばす甲信鉄道計画と比較して、当初の建設費が高くとも、地域経済的には、東京と山梨を最短距離で結ぶ甲武鉄道が有利であることを説いている。
甲府駅発車時間表(三井家文書) 昭和4年
(1929)
当館蔵   電化直前の甲府駅の時刻表(時間表)。全通直後の富士身延鉄道(身延線)の静岡方面への発車時刻を左に、中央線の上下の時刻を右に表しており、中央線の上り下りを足した本数と身延線の上りの本数がほぼ同じであることがわかる。また、中央線下りには現在は存在しない中央東線と西線を直通する「名古屋行」を見ることが出来る。
昭和時代のベンチ 昭和 個人   昭和時代のベンチ。背もたれとなっている琺瑯看板に「牛乳の王様 明治ゴールド牛乳」と書かれている。

若尾逸平銅像ミニチュア

大正2年
(1913)
個人   戦時中まで甲府市愛宕山・若尾公園にあった銅像のミニチュア。

戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針