山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

15 変貌する景観
 
「変貌する景観」展示室写真 山梨を代表する産業であった養蚕・製糸業は女性の活躍に支えられていたことと、養蚕・製糸業の衰退による女性の社会的地位の変遷について紹介します。また、戦後、山梨の土地利用は桑園から果樹園が主流となり、それに伴って景観が大きく変貌したことも紹介します。

展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
奈良田温泉ほか湯治入湯諸入用控(関本家文書) 慶応元年
(1865)
山梨県立博物館   奈良田温泉(早川町)へ湯治の旅に出掛けた際の諸費用を記した帳面。
甲斐名湯案内誌(甲州文庫) 明治28年
(1895)
山梨県立博物館   明治時代の山梨県内の温泉案内書。湯島、下部、塩山、川浦、湯村といった温泉の成分や効能が記されている。
下部鉱泉場名所絵葉書(関本家文書) 大正時代以降 山梨県立博物館   写真絵はがきに収められた、山梨県の戦前の温泉の写真。
甲山峡水 明治39年
(1906)
山梨県立博物館   山梨県の名所を紹介する観光ガイドブック。中央線甲府開業を機に企画され、明治39年(1906)に開催された一府九県連合共進会の際に刊行された。富士山、屏風岩、猿橋、昇仙峡、御幸祭などが挿絵で紹介されている。
頂上ひとりあんない(甲州文庫) 明治13年
(1880)
山梨県立博物館   明治初期の富士山登山についてのガイドブック。山頂付近の各所を図入りで解説している。
富士裾野めぐり 付富士川下り甲州御岳(甲州文庫) 大正14年
(1925)
山梨県立博物館   富士五湖など富士山麓をめぐるコースマップ。名所をめぐるための交通案内に重点が置かれており、富士身延鉄道(身延線)の身延・甲府間は未成で富士川水運の利用も想定されるなど、当時の交通状況を見るうえでも興味深い。
大日本物産図会 甲斐国葡萄培養図(複製) 明治10年
(1877)
山梨県立博物館   明治10年の第1回内国勧業博覧会に合わせて刊行された全国の名産を描いた版画「大日本物産図会」のひとつ。山梨県については葡萄と古露柿の生産を描いた物が刊行されている。作者は三代広重。
大日本物産図会 甲州白柿製之図(複製) 明治10年
(1877)
山梨県立博物館   第1回内国勧業博覧会に際して制作された、各地の名産品の情景を描いたシリーズ物の錦絵のひとつ。山梨県においてはころ柿の生産を描いた本作品と、ぶどう栽培を描いた作品が制作されている。
絹糸、山繭の糸 (繭糸検査事務所資料) 昭和 山梨県立博物館   現在ではほとんど作られていない絹糸と山繭の糸。
生糸(県繭糸検査事務所資料) 昭和 山梨県立博物館   山梨県で生産された生糸。
(福寺遺跡出土)ワイン瓶 現代 山梨県立考古博物館保管   甲州金が見つかった福寺遺跡(甲州市)から出土したワイン瓶。ボトル側面には県内のワインメーカーの名前が刻まれている。五重の塔のキャップなど、海外向けの商品であったことが伺える。
葡萄・ワインラベル(模造品) 明治時代〜昭和     さまざまな葡萄やワインのラベル。

戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針