山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

4 水にとりくむ

 
「戦国からのメッセージ」展示室写真山梨の人々は、度重なる水害を克服するために信玄堤などの独自の治水技術を発達させ、徳島堰などの利水事業を通じて、豊かな水の恵みを生み出してきました。
水に関わる人々のさまざまな歴史と同時に、そこから生まれた民俗や信仰や先人たちの水に取り組んできた姿を紹介します。
展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
釜無川氾濫の図(複製)   山梨県立博物館(原資料:長遠寺)    享和2年(1802)に鏡中条村(南アルプス市)付近で起きた大洪水の様子を描いた絵図。
網代護岸 (宮沢中村遺跡)    山梨県立考古博物館    洪水から水田を守るため、鎌倉時代に造られた護岸。
おささら様(模造品)          甲府市小瀬町で行われる天津司の舞(国指定重要無形民俗文化財)で使用される人形。甲府盆地が湖だった頃、天から降りて来て舞い踊っていた神々の姿を現している。
徳島堰麁地図(古文書雑纂(1))

慶応4年
(1868)

山梨県立博物館   徳島堰は韮崎市円野町上円井(かみつぶらい)から南アルプス市曲輪田新田に至る総延長17キロメートルにわたる農業用水路。甲府盆地西部、御勅使川扇状地は砂利層のため常に水不足に悩まされていた。寛文4年(1664)に江戸の商人徳島兵左衛門俊正が幕府の許可を得て工事を進め、寛文10年(1670)に完成した。この堰によって曲輪田新田・飯野新田・在家塚田圃・六科新田などの多くの集落が生まれた。妙浄寺(左上)は兵左衛門が堰の完成を祈念して建てた寺で、彼の墓所と徳島堰碑がある。
川々鮎運上請負人入札触(甲州文庫) 延享元年 (1744) 山梨県立博物館   鮎漁は甲斐国における川漁のなかでも有名で、甲府藩主柳沢吉保の時代には、毎年幕府へ塩鮎が献上されていた。鮎漁には、運上(営業税)が課せられ、数年ごとに運上額の入札によって請負人を決めた。請負人は漁師から札銭を徴収して漁を許可するなど、川漁の管理をおこなった。当資料は請負期間満了にあたり、新たな請負人の入札をおこなうことを町中に通知するように甲府町年寄に指示したもの。
謡本「鵜飼」(甲州文庫) 江戸時代 山梨県立博物館    能の演目の1つで15世紀に世阿弥によって現在の形に整えられた。甲斐国石和を舞台に、旅の僧侶と鵜飼の亡霊の物語が展開する。舞台の笛吹川は、かつては鵜飼川とも呼ばれ、鵜匠が直接浅瀬に入って漁をする「徒歩鵜」が現在もおこなわれている。
石尊祭の藁束 平成14年
(2002)
山梨県立博物館    水神である「石尊(せきそん)さん」の祭りで使用される。唱えごとをしながら、藁を一本ずつ束から抜き取り、川に投げ入れる。
御幸祭川除の石 平成15年
(2003)
山梨県立博物館    洪水を防ぐために行われる御幸祭(みゆきまつり)で、水神を鎮めるために使用される石。
形代 人形(南アルプス市大師東丹保遺跡出土) 鎌倉時代 山梨県立考古博物館    大師東丹保遺跡では水辺の祭祀に用いられる形代や斎串が多数出土した。人形に災いを移し、清らかな水に流す現代の大祓に似た使い方がされたと考えられる。
雨ごいの仏像 不明 清水寺    日照りの際、雨乞いに使用された仏像。昭和40年頃まで使用された。
測量器(複製) 江戸時代 山梨県立博物館(原資料:個人)    江戸時代の優れた土木技術者であった窪田幸左衛門(1771-1855)が用いた測量器。持ち運びに便利なように、簡単に分解・組み立てが出来る仕組みとなっている。


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針