山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
     
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
 
インデックス>展示案内


展示案内
 
展示室平面図 資料閲覧室 体験学習室 地域インデックス レストラン ミュージアムショップ 導入展示 シンボル展示 体験型展示 鑑賞・学習型展示 企画展示室
「常設展示」について
導入展示 「山梨の舞台」

上空 数百キロの高度から写した山梨県の姿です。縮尺は約1万2千分の1。山梨の風土と暮らしを育んだ、県土の8割を占める山林と、急峻かつ多様な自然環境を俯瞰して、山梨の人々による歴史の物語をご想像ください。
導入展示の写真
鑑賞・学習型展示 「山梨の自然と人」

山梨の自然のなかで育まれた人々のくらしや文化の歴史を、19のテーマに沿って紹介する展示室です。
歴史・美術・民俗にかかわる豊富な資料を鑑賞し、ジオラマや最新鋭の映像・情報機器によってより深く学習していただくことができます。

鑑賞・学習型展示室の写真
   
展示室の見どころ情報
展示資料は2ヶ月に1度リフレッシュ!
学芸員おすすめの展示資料
「ようこそ!かいじあむ動物ワールドへ」
開催中!
黒駒太子像(富士曼荼羅図)
山梨の歴史の展示を通してご案内
展示交流員による
常設展スルーガイド
を開催しております!
スルーガイドの様子
スマートフォン向けの音声ガイドサイトを開設しました。右のバナーをクリックしてみてください。
スマートフォン向け音声ガイド
   
 
体験型展示 「歴史の体験工房」
山梨の歴史と文化を、五感で体験できる展示です。実際に資料を触ったり、昔の衣装を着たり、おもちゃで遊んだり、江戸時代の体験ができるゲームや、方言や民謡を聞くことができるなど、さまざまな「体験工房」をご用意しております。
体験型展示の写真
   
体験展示のみどころ
毎週日曜日開催!
あそぼう!まなぼう!
寺子屋ひろば
  開催中!
7月11日の紙芝居
   
 
「企画展示」について
 
開催中の企画展
企画展

誕生50周年記念 リカちゃん展

 1967年に誕生し、2017年に50周年を迎えた着せ替え人形「リカちゃん」。少女の夢や憧れを紡ぎ出したリカちゃんの世界観は移り変わる時代と連動し、ファッション史や住宅事情、ファミリー像や世相、価値観を映し出してきました。祖母・母・娘3代にわたる少女たちの夢の世界と、日本の50年の変化を振り返りながら、あなたにとっての「わたしのリカちゃん」を探してみてください。
芳年展
開催期間 平成30年7月14日(土曜)から9月3日(月曜)まで
今後の企画展
企画展

文字が語る 古代甲斐国

 近年の古代史研究は、各地の遺跡で出土した資料によって、これまでにない研究成果が相次いで発表され、山梨でも重要な資料が数多く発見されています。本展では、山梨の古代を物語る資料の中から特に「文字」に着目し、新たに明らかになってきた古代甲斐国の姿や、他地域との関わりなどをご紹介します。
芳年展
甲州市ケカチ遺跡出土 和歌刻書土器(甲州市教育委員会)
開催期間 平成30年10月13日(土曜)から12月3日(月曜)まで
企画展

県都甲府の500年

 山梨県のほぼ中央に位置する甲府。武田信虎がここに本拠を移したのは、永正16(1519)年のことでした。それから500年、甲斐府中・甲府は山梨県の中心であり続けています。この500年間の甲斐国・山梨県の政治・経済・文化の流れについて、「甲府」をひとつの切り口としてご紹介します。

懐宝甲府絵図(当館蔵)
開催期間 平成31年3月16日(土曜)から5月13日(月曜)まで
 
これまでに開催した企画展
 
 

「シンボル展示」について
 
シンボル展とは?
今後のシンボル展
シンボル展
『木喰上人作木彫仏』
―身延の木喰さん、世に出るその最初―
『木喰上人作木彫仏』は、大正14年(1925)に甲・乙2種あわせて300部限定で刊行された大判写真集です。本書は木喰仏に魅せられた柳宗悦の木喰研究の集大成であり、装丁に印伝や和紙など甲州ゆかりの産物が使われていることも特徴です。本展では、平成30年に生誕300年を迎えた木喰研究の始まりなどについて、本書を中心にご紹介します。
 
平成31年1月12日(土曜)から2月25日(月曜)まで
終了したシンボル展
シンボル展
山梨の明治―新しい時代の幕開け―

 長きにわたる徳川の世が終わり、「明治」という新しい時代を迎えてから今年で150年となります。明治の人々の努力と挑戦は、様々な成功と失敗を繰り返しながら、現在の私たちの社会やくらしの基礎を築いていきました。
 シンボル展「山梨の明治―新しい時代の幕開け―」では、甲斐国が山梨県と名を改め、大きな時代の転換期を迎えていくなかで、当時の人々がどのように対処し、取り組んでいったか、明治初期の様子を物語る多くの資料からご紹介いたします。山梨の明治はどのような時代だったのか、ぜひ感じ取ってください。

地下鉄展イメージ
平成30年5月26日(土曜)から6月25日(月曜)まで
 
 
これまでに開催したシンボル展
 
 
 
   
「屋外の展示」について
屋外案内図
 
   
山梨は大昔「海」だった!? 身延町小原島大露頭の化石 
    古富士川海峡の化石の写真  
今から約700万年前の山梨には、ふたつの大きな海峡的な海が広がっていました。ひとつは、現在の桂川(相模川)沿いの「古桂川海峡」。もうひとつは、富士川沿いの「古富士川海峡」です。
当館のメインゲートの脇に展示されている砂岩の塊は、当時の富士川海峡に堆積したものです。この海峡には、クジラやサメ、イワシなどの魚類が泳ぎ回り、海岸近くには、貝やウニなどの数多くの海の生物が住んでいました。
この砂岩のかたまりには、タマキガイ・フスマガイ・スダレガイ・フミガイ・ビノスガイなどの化石が含まれています。これらの化石は、身延町小原島で発見されたとても貴重な化石です。
 
   
富士川水運の栄枯を見つめた鰍沢河岸の松
   
鰍沢河岸の松の写真
 
総合教育センターとの間、当館駐車場付近に植えられている松は、富士川水運で栄えた鰍沢河岸に植えられていた松です。品種は三河黒松、樹齢は100年を越すものと思われます。害虫にやられ、多くの葉を落としましたが、現在でも青々と山梨の地を見つめています。

  常設展示 「川を彩る高瀬舟」へ
 
   
余白の台座
    余白の台座の写真  
メインエントランスに入ったお客様の目に最初に飛び込んでくるのは、中庭(光庭)に展示されている「余白の台座」です。
「余白の台座」は関根伸夫氏の作品で、中央には白御影石が配され、周囲には甲州の各地域から産出された岩石が配置されています。
周囲の岩石の内訳は、青石(南都留郡道志村)、クロボク(南都留郡鳴沢村)、甲州鞍馬石(甲州市大和町)、塩山玉石(甲州市塩山神金)、乾徳石(山梨市三富)、大沢石(鳴沢村)からなります。
 
   
シンボルツリー ヤマナシの木
    4月に咲いたヤマナシの花の写真  
敷地北側のつどいの広場で、ひときわ大きく聳え立っているのがシンボルツリー・ヤマナシの木です。春には、左のような、白い可憐な花を咲かせます。
山梨県立博物館には、約4万本の山梨ゆかりの樹木が植えられています。季節ごとに色とりどりの花を咲かせ、果実を実らせます。開館前に定植してから、徐々に草花も育ってきており、これから更に成長していき、私たちを楽しませてくれることでしょう。
 
   
道祖神
    雪の日の道祖神の写真  
敷地西側にある道祖神は、甲府市上石田自治会が所有していたものを、縁あって平成18年に当館におまつりしたものです。このような丸石を御神体とする道祖神は、甲府盆地やその周縁部に多く見られる形で、山梨県の道祖神の特徴でもあります。
道祖神は、集落に悪いものが入らないように守る神さまで、多くは道の交わるところや集落の境界にまつられます。それにならい、博物館でも建物を囲む道と敷地の外に通じる道とが交わるところにまつりました。また、山梨で道祖神祭りが行われる1月や7月には、博物館の道祖神も注連縄を張り替えてささやかなお祭りをしています。 展示室からは、アルプスと市街地そして桃畑と、山梨らしい景観を背にした道祖神を見ることができます。
 
   
かいじあむの畠・もも畑・ぶどう畑
    かいじあむの畑の写真  
敷地西側の道祖神ちかくに、「かいじあむの畠」、「もも畑」「ぶどう畑」の3つの畑があります。
「もも畑」「ぶどう畑」には、甲州ゆかりの桃や葡萄の品種が栽培されています。「かいじあむの畠」には、郷土野菜や綿など、季節ごとに様々な作物が栽培されています。秋には、「かいじあむ収穫祭」など、収穫物をお楽しみいただくこともできます。
 
   
  屋外のキャプション
    屋外のキャプションの写真  
敷地内の樹木には、左のようなキャプションによる説明が付されています。天気の良い日には、博物館のお庭のお散歩もおすすめです。
月に1度、「ボランティアによるお庭の見所ガイド」を開催しておりますので、そちらもご利用ください。

 「ボランティアによるお庭の見所ガイド」 へ
   
戻る
 
サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針