山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

12 道がつなぐ出会い

 
「戦国からのメッセージ」展示室写真
 甲斐国の街道と脇往還を紹介し、さまざまな道や峠を越えて往来していた多様な人々の旅の様子や、モノの交流の様子を知り、鉄道以前の陸路の果たした役割を考えます。

展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
常滑壺(金地蔵遺跡) 平安時代(12世紀) 山梨県立博物館
渥美半島(愛知県)で生産された大型の壺。山梨では平安時代末期頃の「渥美焼」と呼ばれる陶器がいくつか発見されている。
瀬戸瓶    山梨県立博物館
鎌倉から室町時代にかけての国内産の陶磁器は、おもに渥美、常滑、瀬戸などの生産地からの製品が甲斐国内に流通していた。
一宮町東原 常滑甕 鎌倉時代 山梨県立博物館
鎌倉から室町時代にかけての国内産の陶磁器は、おもに渥美、常滑、瀬戸などの生産地からの製品が甲斐国内に流通していた。本資料のような大型の製品は、陸路よりも水運で輸送されたと考えられる。
中国銭貨 室町時代 大月市(個人)
  
中世の甲斐国では、中国銭が流通していたことがわかる。
躑躅ヶ崎館跡出土陶磁器 戦国時代 甲府市教育委員会
  
武田信玄の館跡である躑躅ケ崎館からは、中国や朝鮮半島で生産された陶磁器がたくさん発見されている。
海を渡った陶磁器 (大甕・染付・灰釉皿)   個人蔵
昭和8年(1933)、笛吹市一宮町新巻で発見された室町時代の常滑大甕。大甕の中には、国内産の陶器とともに、14-15世紀に製作された中国製の陶磁器が納められていた。
遠く海を渡ってきたこれらの陶磁器は、当時の有力者が国内にとどまらず、はるか大陸の製品を求め、流通していたことを示している。
甲州道中図屏風(右隻) 江戸時代 山梨県立博物館   江戸から甲州道中を通って甲府へ、さらに富士川を下って身延山を参詣しながら駿河湾に到る道筋の名所旧跡48場面を描く。右隻では、桂川で鵜飼を行う場面に注目。第5扇の3段目に、松明を持った人が徒歩で川に入り、鵜を遣って漁を行う様子が描かれている。
「甲斐之国鵜飼道場」摺物(甲州文庫) 江戸時代 山梨県立博物館   江戸時代に遠妙寺で発行されていた摺物。上部には鵜飼伝説の概略と、日蓮聖人に供養された時に平時忠が詠んだと伝わる和歌が記され、下には日蓮聖人と日朗・日向上人が鵜飼の亡霊を供養する様子が描かれている。参詣客に配られたものと考えられるが、寺号はなく、右下に「甲斐之国鵜飼道場」とだけある。
宮脇村者共国府村鵜遣い打擲不当の始末一件済口証文(甲州文庫) 文化13年(1816) 山梨県立博物館   国府村(笛吹市春日居町)の鵜遣い辰次カらが、釜無川沿いの宮脇村(北杜市武川町)にて夜間に鵜飼を行っていたところ、宮脇村の若者が大勢押しかけ、辰次カに暴行を加え、獲れた鮎を奪い取り、鵜にも危害を与えたとして訴えた際の記録。釜無川の鮎は名産として知られ、東郡から鵜遣いが漁にやってきていたという。
裏見寒話 巻三(甲州文庫) 宝暦2年(1752) 山梨県立博物館   江戸時代中期に甲府勤番士を務めた野田成方が、在任中に甲斐国で見聞したことをまとめた記録。「漁釣」の説明では最初に鵜飼を取り上げ、釜無川・荒川・笛吹川で鵜飼が行われていたこと、鵜飼で獲った鮎は鵜の噛み痕から脂が抜けるため味が劣ること、鵜は信州諏訪から調達していたことなど、甲斐の鵜飼の具体的な状況が記される。
藁馬 現代 山梨県立博物館   北巨摩地域では、小正月の道祖神祭りのドンドンヤキを「道祖神火事」などと称し、2月8日には「道祖神の火事見舞い」として団子を作り、藁馬に背負わせて道祖神に奉納する習俗がある。
木喰作 弘法大師像 寛政13年
(1801)
山梨県立博物館
木喰が故郷丸畑の四国堂建立に際して最初に制作した像。


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針