山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

6 甲斐を駆ける武士たち
 
「甲斐を駆ける武士たち」展示室写真 古代山梨の豪族三枝氏や、常陸国から甲斐国に移り住んで牧を基盤に発展し、全国に展開した甲斐源氏の活躍を紹介し、山梨の歴史が山梨内外の人々の活躍と結びつきの中でつくられてきたことを明らかにします。
展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
小桜韋威鎧 兜・大袖付 平安・鎌倉時代 山梨県立博物館(原資料:菅田天神社)
原資料:国宝
甲斐源氏の祖源義光が着用したと伝えられ、武田家歴代の家宝として受け継がれてきた楯無鎧の復元品。紋鋲などに鍍金が施されている。
関東下知状(複製) 応長元年
(1311)
山梨県立博物館(原資料:大善寺)
原資料
焼失した大善寺の古文書を確認するため、鎌倉幕府が深沢郷(甲州市)の地頭である逸見氏、武田氏、野呂氏に尋問し、執権金沢貞顕が改めて寺の運営を承認した古文書。
『長寛勘文』写本(複製) 江戸時代
(17世紀)
山梨県立博物館(原資料:熊野神社)
原資料
三枝守政による八代荘乱入をめぐって争われた熊野社と甲斐守藤原忠重との裁判に関する勘文(意見書)をまとめたもの。裁判では、熊野社と伊勢神宮の祭神が同体であるかが問題となり、熊野社による八代荘支配が認められ、忠重ほかが処罰された。
銅製経筒及び付属品(複製) 建久8年
(1197)
山梨県立博物館(原資料:個人蔵)
原資料
江戸時代に秋山経塚(南アルプス市)から発見された経筒ほか。源光経一族が施主となり作成したもの。甲斐源氏の秋山光朝の供養のため奉納されたと考えられている。
吾妻鏡 寛永3年(1626)刊 山梨県立博物館
 
鎌倉幕府が編さんした幕府の歴史書。源平合戦における活躍など、甲斐源氏の動向についても数多くの記録が残されている。展示は、治承4年(1180)10月、挙兵した甲斐源氏が平家方の駿河の軍勢と鉢田(本栖湖南西の端足峠か)で戦い、勝利したことを記した部分。山中での激しい戦闘であったことがうかがわれる。
高遠城絵図(「主図合結記」のうち)(甲州文庫) 江戸時代 山梨県立博物館   高遠城は信州伊那郡の月蔵山西麓に築かれた城郭で、東を除く三方が急崖の天然の要害である。はじめ高遠諏方氏の居城であったが、天文16年(1547)には武田氏が「高遠山ノ城」を取り立てたとあり、以後は武田氏による上伊那支配の拠点となった。
武田晴信像(複製) 戦国時代

山梨県立博物館(原資料:持明院)

  高野山(こうやさん)における甲斐国の宿坊(しゅくぼう)であった持明院(じみょういん)に伝わる武田晴信(信玄)の肖像画。
三増峠合戦図(甲州文庫) 江戸時代 山梨県立博物館
 
永禄12年(1569)10月に、武田氏と北条氏が相模国三増峠(神奈川県愛川町・相模原市)で戦った時の状況を描いた図。両軍の布陣や動きが示されている。武田氏と北条氏は前年末に同盟が決裂し、武田氏は北条領国に侵攻して小田原城を包囲したがすぐに撤退、それを追撃する北条氏と三増峠で合戦となり、武田氏が勝利した。
武田信玄書状(8月20日付、原与左衛門尉あて) 戦国時代
16世紀
山梨県立博物館   武田信玄が、原与左衛門尉の在陣の苦労をねぎらうとともに、番替として、下伊那衆を代わりに派遣することを指示した古文書。
孫子の旗(復元品) 室町時代 山梨県立博物館(原資料:恵林寺)
原資料
武田信玄が戦陣で使用したと伝わる旗。古代中国の兵法書『孫子』の文言が記されており、「風林火山」で知られる。
諏訪神号旗(復元品) 室町時代 山梨県立博物館(原資料:恵林寺)
原資料
武田信玄が戦陣で使用したと伝わる旗。信玄が軍神である諏訪大社(長野県)を崇拝していたことがわかる。
 

戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針