山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

13 江戸文化の往来

 
「戦国からのメッセージ」展示室写真
 甲斐は江戸に近く、物流や人々の往来が活発で、常に最新の江戸文化が流入しました。往来した人々による記録、甲斐に残された書画、学問や文芸などを紹介し、武士や町人がそれらを育み、甲斐に花開かせていった様子を明らかにします。

展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
波鯉図
(中村豊春氏収集資料)
江戸時代 山梨県立博物館   水面から飛び上がる鯉の姿を描き出したもの。波しぶきがあがり、鯉の躍動感が画面越しにも伝わってくる。作者の柴田義董は江戸時代後期の四条派の絵師。京都で松村月渓に学び人物画を得意とした。
秋草の図
(中村豊春氏収集資料)
明治時代 山梨県立博物館   秋草の咲く中、一羽の鳥が画面中央に描かれた花鳥図である。竜胆の青い花と南天の赤い実が画面を鮮やかに彩っている。描かれている鳥はおそらくルリビタキである。作者は小林立堂で、明治期に活躍した。
月に鶉図
(中村豊春氏収集資料)
明治時代 山梨県立博物館   月の光のもと、二匹の鶉が描かれた秋の情景である。作者の竹原嘲風は明治から昭和にかけて活躍した画家。大正時代末頃は、同時代の速水御舟らの細密描写に近しい筆致で動植物をよく描いたことで知られる。
鯉魚図
(中村豊春氏収集資料)
近代 山梨県立博物館   鯉が水面から飛び跳ねあがった様子が描き出されており、躍動感あふれる瞬間が切り取られた一幅といえる。
緑桃図
(中村豊春氏収集資料)
大正〜昭和時代 山梨県立博物館   まだ若い緑色の桃が実る様子が表された扇面図である。よく見ると1匹の蝸牛が桃の葉の上から顔を出している。作者の堂本印象は、大正から昭和にかけて活躍した日本画家。寺院の壁画などを多く描き、また、早くから日本画の抽象表現を試み、斬新な画風を打ち出したことでも知られる。
赤魚図
(中村豊春氏収集資料)
近代 山梨県立博物館   画面いっぱいに大きな赤魚が描き出された図。おそらく描かれているのはアコウダイかと思われる。
朝日小沢村絵図 文化3年
(1806)
都留市蔵 『甲斐国志』編纂の際に提出された下大野村(大月市)の絵図。本絵図には方位が記されていないが、村絵図の右が南、左が北にあたる。村絵図の西南方面は、ほぼ900メートル内外の峰々が連なっていることがわかるほか、東から北にかけても600〜800メートル台の峰々が連なっていることが絵図から読み取れる。中央に流れる川は小沢川で、さらに北上して猿橋宿の東で桂川へ注ぐ。


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針