山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

14 転換期に向き合う
 
「転換期に向き合う」展示室写真  近世から近代への大きな転換期の中で発生したさまざまな騒動について、その発生から集結に至るまでの社会的・政治的背景を紹介します。また、騒動をとおして社会の変化や山梨の地域的特性などの問題を明らかにします。
展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
『山梨県甲府各家商業便覧』(甲州文庫) 明治18年(1885) 山梨県立博物館   甲府の商家の屋号、所在地、取扱品目などを紹介した便覧。形状や内容は江戸時代の『買物独案内』の系譜をひくが、絵入りで店構えまで紹介する点に特徴がある。
牛鍋・さしみ・酒代領収書(渡邊家文書) 明治時代 山梨県立博物館   牛鍋などの飲食代金1歩1朱1貫250文の領収書。詳しい年代は不明だが、甲府柳町一丁目の本田という店で牛鍋を食べることができたことがわかる。『各家商業便覧』では本田の記事は確認できないので、同書が刊行された後に開業した可能性もあるが、何らかの理由で掲載されなかったのかもしれない。
滋養分肉舎規約(大木家資料) 明治22年(1889) 山梨県立博物館   牛肉の共同購入を目的とする結社「滋養分肉舎」の規約。名取善十郎や八巻九萬といった名士が発起人として名を連ねている。この「滋養分肉舎」の定員は300人、会費は50銭で2年間有効であった。この結社に入ると、上等の牛肉を1斤15銭で購入できるという。
『日本・支那・西洋料理独案内』(大木家資料) 明治19年(1886) 山梨県立博物館   和洋中の各種料理のメニューや作法の解説書。各種レシピも掲載されているが、分量などの記載がほぼみられないため、家庭での再現を目的としたものではなく、外食に際して備えておくべき知識としてまとめられたものであろう。
『増補日用西洋料理法』(大木家資料) 明治28年(1895) 山梨県立博物館   西洋料理のレシピ本。スープに始まりシチュー、ステーキ、フライなど、種類ごとに異なる具材の料理を紹介している。料理名としての「コロッケ」が定着するきっかけとなった書籍でもある。
近世侠客有名鑑(甲州文庫) 明治24年(1891) 山梨県立博物館   江戸時代末期の全国の博徒を、相撲番付風にランキング表にしたもの。甲斐国からは黒駒勝蔵らがノミネートしている。
天保騒動の一揆進行の絵図
(手塚家資料 複製)
江戸時代 山梨県立博物館   天保7年(1836)におきた天保騒動の被害範囲を示した絵図。この騒動は、数日のうちに甲斐国全体に拡大した。
勝沼駅近藤勇驍勇之図(甲州文庫) 慶応4年
(1868)
山梨県立博物館   柏尾の戦いの様子を描いた錦絵。近藤勇ら新撰組等からなる甲陽鎮撫隊は、江戸防衛のために要地・甲府の確保を目指して江戸からやってきたが、慶応4年(1868)3月、すでに甲府城を占領した新政府軍と勝沼の大善寺付近で衝突し(柏尾の戦い)、圧倒的に数的不利な近藤らは敗走した。


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針