山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

10 山に生きる
 
「山に生きる」展示室写真  山村のくらしを理解するために、山村にくらす人々が山の資源を利用して多様な生業を営み、山の生産物の流通を通して里や城下町と交流していたことを紹介します。
展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
焼畑衣装(再現品) 昭和時代 山梨県立博物館
  
1950年代頃、奈良田(早川町)で焼畑を行う際に着用していた仕事着の再現品。
枡・焼き鏝(やきこて) 明治以降 山梨県立博物館   奈良田(早川町)でかつて行われた焼畑に使用された枡と道具にイエジルシを付ける焼き鏝(深沢家資料)
甲斐叢記 前輯二 嘉永4年
(1851)
山梨県立博物館
 
江戸時代の甲斐国の地誌。市川大門村の紙漉の様子が挿絵入で掲載されている。
御用紙代金請取書(甲州文庫 江戸時代 山梨県立博物館
 
御用紙漉を務めていた市兵衛が、御用紙400枚を納めた代金として1両1分を受け取った際の領収書。
大鋸 昭和時代 山梨県立博物館
 
材木を伐採するために使用した鋸。
威鉄砲証文(甲州文庫)  宝暦7年(1757) 山梨県立博物館   巨摩郡西八幡村(甲斐市)が、農作物を荒らすイノシシ・シカ等を追い払うため、享保10年(1725)より威嚇用の鉄炮(威鉄炮)を代官所から借り受けており、その更新を願い出た文書。山間部周辺の村では、動物から農作物を守るため、威嚇用という名目で鉄炮を保有していた。
威鉄砲証文(甲州文庫) 江戸時代 山梨県立博物館   八代郡石村(笛吹市)で保有している威鉄炮3挺について、上黒駒(同)勘右衛門の願いにより猟師用として使わせることを取り決めた文書。江戸時代には威嚇用・猟師用という名目で相当数の鉄炮を村落で保有していた。
猟師鉄炮鑑札(甲州文庫) 慶応2年
(1866)
山梨県立博物館   甲府代官所が巨摩郡篠原村(甲斐市)の長百姓庄左衛門に猟師鉄炮一挺の所持を認める際に発行した鑑札。
甲州金(一分金)
(甲州文庫)
江戸時代 山梨県立博物館
 
戦国時代以来、金山が多数存在した甲斐国で独自に流通していた甲州金と呼ばれる貨幣。
徳川家朱印状(田辺家資料)  文禄2年(1593) 山梨県立博物館
徳川家康が、田辺土佐守重真に関東地方における家康の領国内で金山採掘を行うよう指示した古文書。
ニホンオオカミ頭骨 江戸時代〜明治時代 個人蔵(寄託)   笛吹市御坂町のお宅に伝わった。仏壇の上に置いてあり、子どもの夜泣きを鎮めるのに使われたとの伝承がある。関東山地周辺に見られる狼の霊力に対する信仰が山梨にも伝わっていたことを示す。鼻を中心に皮膚や筋肉がミイラ状に残っている点が特徴的である。
林業の道具を象った小正月のツクリモノ 現代 山梨県立博物館
 
南都留郡道志村の林業を営む家で、毎年小正月に、仕事が順調なことを祈願して作られる飾りもの。大鋸など林業の道具が象られている。



戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針