山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

10 山に生きる

 
「戦国からのメッセージ」展示室写真 山村のくらしを理解するために、山村にくらす人々が山の資源を利用して多様な生業を営み、山の生産物の流通を通して里や城下町と交流していたことを紹介します。
展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
焼畑衣装(再現品) 昭和時代 山梨県立博物館
  
1950年代頃、奈良田(早川町)で焼畑を行う際に着用していた仕事着の再現品。
枡・焼き鏝(やきこて) 明治以降 山梨県立博物館   奈良田(早川町)でかつて行われた焼畑に使用された枡と道具にイエジルシを付ける焼き鏝(深沢家資料)
紙漉出しの心得に付覚書 (甲州文庫) 安政4年(1857) 山梨県立博物館
 
承応2年(1653)に代官岩波七郎右衛門が市川大門村(市川三郷町)の売紙漉きに対して出した規定の写し。朱印のない紙の売買禁止、紙漉舟を新たに製作した際には届け出をすることなどが記され、市川大門村の紙漉きが代官の管理下にあったことがわかる。
大鋸 昭和時代 山梨県立博物館
 
材木を伐採するために使用した鋸。
差上申拝借鉄砲証文之事(甲州文庫) 寛政7年  (1795) 山梨県立博物館
巨摩郡下条東割村(韮崎市)の兵右衛門が、イノシシやシカによる農作物の被害を防ぐために鉄砲を預かることを甲府役所に届けたもの。その際、鉄砲には弾丸を入れずに音でイノシシやシカを追い払うこと、親子兄弟にも貸さないこと、悪事に使用しないことを誓約している。現在でもイノシシやシカによる農作物の獣害が問題になるが、江戸時代でも同じことが起きていたことがわかる。
甲州巨摩郡芦倉村・荒倉村・奈良田村材木伐出願書(甲州文庫) 明和元年  (1764) 山梨県立博物館   芦倉村(南アルプス市芦安)・荒倉村(早川町新倉)・奈良田村(早川町)から桧・槻・栂などの材木3万本を3年かけて伐り出し、江戸に上納することを願い出たもの。作成者は武州五日市村(東京都あきる野市)の弥十郎であることから、甲斐国外から材木を買い付けに来る商人がいたことがわかる。材木は、水路と陸路の両方を使って江戸まで運ばれた。
甲州金図録(甲州文庫) 文化7年
(1810)
山梨県立博物館   幕臣近藤守重(重蔵・正斎)が著した金・銀貨の図集『金銀図録』の第3巻は「甲州金図録」と称し、甲州金の歴史や特徴について多くの図版を用いて紹介をしている。なお、近藤守重は幕命で北方探検をした近藤重蔵と同一人物。
新規紙漉稼願書控(甲州文庫) 万延元年
(1860)
山梨県立博物館
市川大門村(市川三郷町)、西島村(身延町)ほかの紙漉職人が、島上条村(甲斐市)、千塚村(甲府市)などでおこなわれていた新規の紙漉を禁止するよう訴えた古文書。市川大門村は、天正年間に武田家から御用紙を漉くように命じられたとする由緒が記されている。
甲州金(一分金)
(甲州文庫)
江戸時代 山梨県立博物館
 
戦国時代以来、金山が多数存在した甲斐国で独自に流通していた甲州金と呼ばれる貨幣。
林業の道具を象った小正月のツクリモノ 現代 山梨県立博物館
 
南都留郡道志村の林業を営む家で、毎年小正月に、仕事が順調なことを祈願して作られる飾りもの。大鋸など林業の道具が象られている。


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針