山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
 
展示案内

かいじあむ おすすめの展示資料
 山梨県立博物館では、およそ2ヶ月に1度の頻度で常設展示室の展示替えを実施しています。資料によっては、保存管理上1ヶ月程度で展示替えするものもあります。現在展示中の資料のうち、 おすすめのものをこちらでご紹介しております。ぜひ、山梨の歴史を語る貴重な資料と会いにかいじあむへお越しください。
 

■ おすすめ展示資料の開催予定

山梨の春は、桃と桜と信玄公(令和2年2月19日〜4月20日) 開催中!
レキシ・トラベル to かいじあむ(令和2年4月22日〜6月15日)
富士は日本一の山(令和2年6月17日〜8月17日)
ようこそ!かいじあむ動物ワールドへ(令和2年8月19日〜10月12日)
やまなしの豊かな食文化(令和2年10月14日〜12月14日)
年の初めはかいじあむ(令和2年12月16日〜令和3年2月15日)  

※テーマ、期間は変更する場合がございます。


 
■ 展示中のおすすめ資料【山梨の春は、桃と桜と信玄公
山梨の春は桜や桃が咲き誇り、甲府盆地を花の色で彩ります。
春はまた、戦国時代を代表する武将 武田信玄にゆかりのある季節です。元亀4年(1573)4月12日に亡くなった信玄をしのんで、山梨では様々なお祭りやイベントが催されます。
県立博物館でも、毎年恒例の武田特集で信玄ゆかりの資料を数多く展示しております。今年はさらに、山梨の春を彩る桃や桜に関する資料も展示しています。ぜひ博物館で山梨の春を満喫しながら、武田信玄と戦国の世に思いをはせてください。

三条夫人ゆかりの像
観音菩薩立像
かんのんぼさつりゅうぞう
鎌倉時代

武田信玄の正室、三条夫人ゆかりの像と伝える。頭部のみ当初で体は後世の作と思われる。髪を高く結い上げ、玉眼を陥入する、寄木造の像。

信仰の足跡に展示中

観音菩薩立像

武田家歴代の家宝を復元!
楯無鎧(小桜韋威鎧 兜・大袖付)
復元

たてなしのよろい(こざくらがわおどしよろい かぶとおおそでつき)
原資料 平安・鎌倉時代

甲斐源氏の祖源義光が着用したと伝えられ、武田家歴代の家宝として受け継がれてきた楯無鎧の復元品。紋鋲などに鍍金が施されている。

甲斐を駆ける武士たちに展示中

武田信玄の動向を示す資料!
武田晴信書状
たけだはるのぶしょじょう

武田晴信(信玄)が、信濃の国衆木曽氏の家臣と思われる千村右衛門尉・山村三郎次郎に対して、先に晴信が派遣した常盤壱岐守への対応の礼などを伝えた書状。

甲斐を駆ける武士たちに展示中

 


武田晴信書状


端午の節供は信玄公とともに
おかぶと(信玄)


現代では既に失われてしまった習俗だが、明治時代末期まで山梨県内(国中地域)で端午の節供飾りとして用いられてきた。現在で言うところの武者飾りである。本来は、縁側などの人目に付きやすいところに飾ったという。

里に暮らすで展示中

山梨の春を彩る祭り
信玄公祭りのポスター
しんげんこう
昭和戦後期

毎年春の恒例行事であり、山梨県における最大級の祭りとして行われている信玄公祭りのポスター。昭和41年(1966)に「甲府信玄祭り」が開催され、同45年(1970)から「信玄公祭り」となり、現在まで続けられている。

道がつなぐ出会いに展示中

信玄公祭りポスター

山梨の春のお祭り、御幸祭!
甲山峡水
こうざんきょうすい
甲州文庫
明治39年(1906) 

山梨県の名所を紹介する観光ガイドブック。中央線甲府開業を機に企画され、明治39年(1906)に開催された一府九県連合共進会の際に刊行された。富士山、屏風岩、猿橋、昇仙峡、御幸祭などが挿絵で紹介されている。

変貌する景観に展示中

信玄公、春関連資料は、下記の表示を目印に探してみてください。
武田菱 春の花

テーマ
今回の学芸員のおすすめ資料は、<山梨の春は、桃と桜と信玄公>です。

展示期間

令和2年2月19日(水曜)から令和2年4月20日(月曜)まで

展示場所
常設展示室 「信仰の足跡」、「道がつなぐ出会い」、「江戸文化の往来」ほか

 
ページトップへページトップへ戻る




戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針