山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

3 甲斐の黒駒
 
「甲斐の黒駒」展示室写真古代甲斐国は、「甲斐の黒駒」という名馬の産地として知られ、平安時代には信濃、上野、武蔵とともに天皇直属の牧場が置かれ、毎年都に馬を献上する駒牽が行われました。
 古くから培ってきた山梨の人と馬との深いつながりと、豊かな自然が広大な牧場となり、多くの良馬を生み出したことを紹介します。
展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
天神のこし古墳出土大刀、鉄鏃 古墳時代 笛吹市教育委員会
古墳に埋葬されていた武具。
寺の前古墳出土鉄鏃 古墳時代 笛吹市教育委員会
古墳に埋葬されていた武具。
市川三郷町大塚古墳出土横矧板鋲留(よこはぎいたびょうどめ)短甲(複製) 古墳時代

(原資料 市川三郷町教委員)

原資料
古墳に埋葬されていた鎧。
※展示室では、壁面のグラフィックと併せてご覧ください。
伝豊富村出土眉庇付冑(まびさしつきかぶと)(複製) 古墳時代 山梨県立博物館
  
古墳に埋葬されていた冑。眉庇(帽子のつばのようなもの)がついている。
※展示室では、壁面のグラフィックと併せてご覧ください。
伝豊富村出土衝角付冑(しょうかくつきかぶと)(複製) 古墳時代 山梨県立博物館
  
古墳に埋葬されていた冑。先端が尖った形をしている。
寺の前三号墳出土柄頭 古墳時代 笛吹市教育委員会
古墳に副葬されていた柄頭。金銅製の鋳造品で、環内に鳳凰が表現され、環上には走龍文がめぐる。
天神のこし古墳出土金環 古墳時代 笛吹市教育委員会
古墳に副葬されていた金銅製の耳飾り。
狐塚古墳出土馬具 古墳時代 笛吹市教育委員会
古墳に副葬されていた鉄製の馬具(ホ具立聞素環鏡板付轡)。
寺の前古墳出土馬具 古墳時代 笛吹市教育委員会
古墳に埋葬されていた金銅製の馬具(心葉形鏡板付轡と雲珠)。
御崎古墳馬具 古墳時代 笛吹市教育委員会
6-7世紀の古墳に埋葬されていた馬具。山梨では、6世紀以降に古墳から出土する馬具の事例が増え、乗馬の習俗の浸透をうかがわせる。
塩部遺跡 最古の馬歯 古墳時代 山梨県立考古博物館
  
集落遺跡の溝跡から出土した馬の歯。4世紀後半から5世紀前半のもので、馬骨の出土例としては非常に早いもの。
狐原遺跡出土焼印 平安時代 上野原市教育委員会
  
「山」という文字の焼き印。古代の牧では、飼育している馬に、牧ごとに違う焼き印を押していた。
駿河国正税帳 奈良時代
天平10年(738)
(原資料 正倉院宝物)
  
駿河国における税の収支記録。甲斐から都に馬を進上するために通行した役人に食糧を支給した記録などがある。
通行証明木簡(過所木簡) 奈良時代 (原資料 奈良文化財研究所)   都にいた甲斐の人が帰郷することが記された木簡。東山道の不破関を通るとあり、甲斐から都への道のりがうかがえる。



戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針