山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
 
展示案内

かいじあむ おすすめの展示資料
 山梨県立博物館では、およそ2ヶ月に1度の頻度で常設展示室の展示替えを実施しています。資料によっては、保存管理上1ヶ月程度で展示替えするものもあります。現在展示中の資料のうち、 おすすめのものをこちらでご紹介しております。ぜひ、山梨の歴史を語る貴重な資料と会いにかいじあむへお越しください。
 

■ おすすめ展示資料の開催予定

春の山梨は花ざかり(令和6年2月14日〜4月15日)
ジャブジャブ?カラカラ?やまなしの水と人々(令和6年4月17日〜6月17日)
歴史のなかの生きものたち(令和6年6月19日〜8月19日)
資料でめぐる山梨の旅(令和6年8月21日〜10月21日)

※テーマ、期間は変更する場合がございます。


■ 開催中のおすすめ資料【ジャブジャブ?カラカラ?やまなしの水と人々】



有野村堤絵図

有野村(南アルプス市)を流れる御勅使川に設けられた石積出のほか、徳島堰と枡形堤防、六科将棋頭が描かれている。石積出は御勅使川扇状地の村々を水害から守るための堤防であり、徳島堰は干ばつ地域である同扇状地扇央部を潤す重要な施設である。

水に取り組む」に展示中




今川義元判物

駿河今川氏の当主義元が森彦左衛門尉に対し、「先年乱中」での河舟奉公の恩賞として、駿河内房郷橋上村(静岡県富士宮市)にかかる棟別役やその他の諸役の免除を認めた古文書。今川氏が天文6年(1537)に武田氏と同盟を結ぶと、これに反発した相模北条氏が駿河東部に侵攻、「河東一乱」と呼ばれる戦闘状態が長く続いたが、天文14年に信玄の仲介によって和議が成立した。

道がつなく出会い」に展示中

天龍道人筆「山水押絵貼屏風」

水墨山水を描いた屏風。雄大の景色の中に、遠くを眺める人物の姿も描かれる。天龍道人は信州下諏訪に隠棲し、多くの作品を残している。とりわけ水墨の葡萄図を得意としたことから、葡萄和尚の異名をとる。本作のような山水を主題とした作品は珍しい。

「江戸文化の往来
」に展示中

富士登山と五湖めぐり

鳥瞰図を数多く手がけた金子常光による作画で制作された富士山・五湖周辺の観光パンフレット。富士山を中央に、背景には駿河湾、富士山の前には富士五湖を配置した、文字通りの「五湖めぐり」を図上でも楽しむことができる。この年に富士山麓電気鉄道(富士急行線)、前年に富士身延鉄道(身延線)が開通しており、富士山を周遊する鉄道と、さらに附近を走るバスの姿も数多く描かれている。

変貌する景観」に展示中



御嶽昇仙峡(金子常光鳥瞰図)

鳥瞰図を数多く手掛けた金子常光による作画で制作された観光パンフレット。東京・名古屋・京都・大阪・新潟といった遠方の都市まで描かれ、中央には彌三郎岳を中心とした御嶽昇仙峡の名所が御嶽新道沿いに描かれている。

変貌する景観」に展示中




水関連資料は、下記の表示を目印に探してみてください。


テーマ
今回の学芸員のおすすめ資料は、<春の山梨は花ざかり>です。

展示期間
 令和6年4月17日(水曜)から6月17日(月曜)まで

展示場所  常設展示室「水に取り組む」、「里にくらす」、「巨富を動かす」ほか

 

 
ページトップへページトップへ戻る
 
■ 終了したおすすめ資料

常設展テーマ展示「春の山梨は花ざかり」の案内



源氏物語図色紙貼付屏風(右隻・左隻)

六代大木喜右衛門夫人の婚礼の際の調度と伝えられる品であるが、婚礼においては、「源氏物語」や「伊勢物語」を題材とした華やかな屏風が、江戸時代の大名家の婚礼調度として好まれたという。本屏風は、大型の色紙または画帖を屏風に仕立て直した貼り付け屏風である。筆致から、おそらく町絵師の制作であろう。

江戸文化の往来」に展示中


源氏物語図色紙貼付屏風(左隻)
(左隻)

源氏物語図色紙貼付屏風(右隻)
(右隻)

武田晴信書状

武田晴信(信玄)が、書状と贈り物が届いたことに謝意を示し、返礼として黄金2両を贈ることを伝えた書状。宛所は失われているが、高野山成慶院に出したものであることが判明している。

甲斐をかける武士たち」に展示中

武田晴信書状

砲弾

柏尾の戦いに際し、幕府軍が新政府軍に打ち込んだ不発弾であるという。1859年にフランスで開発された野戦砲「四斤山砲」の砲弾と同形である。日本では慶応2年(1866)の第二次長州征討に際して幕府陸軍が使用したことが知られており、明治に至るまで陸軍の主力装備の1つであった。

転換期に向き合う
」に展示中

砲弾

甲山峡水

山梨県の名所を紹介する観光ガイドブック。中央線甲府開業を機に企画され、明治39年(1906)に開催された一府九県連合共進会の際に刊行された。富士山、屏風岩、猿橋、昇仙峡、御幸祭などが挿絵で紹介されている。

変貌する景観」に展示中


甲山峡水

旅行関連資料は、下記の表示を目印に探してみてください。

春・花の表示

テーマ
今回の学芸員のおすすめ資料は、<春の山梨は花ざかり>です。

展示期間
 令和6年2月14日(水曜)から4月15日(月曜)まで

展示場所  常設展示室「水に取り組む」、「里にくらす」、「巨富を動かす」ほか

 

 
ページトップへページトップへ戻る


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針