山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
展示案内

19 人と人との共生―山梨と戦争―
 
「人と人との共生―山梨と戦争―」展示室写真 山梨の人々が経験した戦争について、その実態や悲惨さを体験的に紹介し、戦争という状況におかれた人々や、現在でもなお絶えることのない戦争について考えます。
展示資料
資料名
時代
所有
指定
資料解説
E46集束焼夷弾(模型) 山梨県立博物館   甲府空襲でも使用された焼夷弾。投下すると38発の焼夷弾に分かれ、炎をまき散らし家屋を燃焼させた。
軍靴 昭和16年
(1941)
山梨県立博物館 - 編み上げ靴(編上靴)とも呼ばれた旧日本陸軍の兵士が着用した軍靴。
軍靴 昭和 笛吹市教育委員会 - 編み上げ靴(編上靴)とも呼ばれた旧日本陸軍の兵士が着用した軍靴。
兵士のかばん 昭和 笛吹市教育委員会 - 山梨県出身の兵士が所持していたかばん。
兵士の装備品 昭和 笛吹市教育委員会 - 山梨県出身の兵士が所持していた装備品の一部。すねを保護するゲートル、かばん、水筒、飯盒。一般的な兵士はこれらのほか、小銃や弾薬、防弾具、毛布、数日分の米などを持ち、その重さの合計は20 〜 30 キログラムにも達した。
寄せ書き日章旗 昭和 笛吹市教育委員会 - 山梨県出身の兵士が出征するにあたって、地域や近親者から贈られ戦場へと持参した寄せ書き日章旗。
警防団ビューグル 昭和 山梨県立博物館 - 警防団が空襲警報等を町内に知らせるために使用したと思われる軍用ラッパ(ビューグル)。
警防団ヘルメット 昭和 山梨県立博物館 - 警防団が訓練や警報発令時に着用したと思われるヘルメット。

戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針