企画展「県都甲府の500年」: 山梨県立博物館 -Yamanashi Prefectural Museum-
山梨県立博物館 かいじあむ
博物館収蔵の資料をデータベースから検索 収蔵資料案内
 
topに戻る
 
かいじあむとは
活動紹介
利用案内
施設案内
展示案内
交通案内
イベント案内
富士山
お楽しみ資料
キッズミュージアム
教職員の方へ
グループ・団体の皆様へ
 

インデックス>展示案内>企画展「県都甲府の500年」

展示案内
 

2019年、甲府は開府500年を迎えます!

 山梨県のほぼ中央に位置する甲府。武田信虎がここに本拠を移したのは、永正16年(1519)のことです。それから500年、甲斐府中・甲府は山梨県の中心であり続けてきました。
  戦国時代には武田氏3代の城下町として、また江戸時代には幕府の関東における支配の拠点として、歴史的に大きな意味を持ち、さらに江戸との近さを活かして町人文化が花開きました。明治時代には、山梨県が発足するとその県庁所在地となり、歩兵連隊が設置されるなど、軍都としても成長を遂げました。昭和20年(1945)7月の甲府空襲では、市街地を中心に大きな打撃をうけましたが、そこから立ち上がった人々は、現在に続く甲府の発展を築き上げてきたのです。
 本展では、500年間の甲斐国・山梨県の政治・経済・文化の流れについて、「甲府」をひとつの切り口として、多様な資料からご紹介します。

 
仕切り線
 概要    主な展示資料   関連イベント   展示図録


■期間
平成30年(2019)3月16日(土曜)から5月13日(月曜) 
■時間
午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
毎週火曜日 ※ただし4月30日(火曜・国民の休日)は開館。
■観覧料

  通常料金 団体割引料金
(20名以上)
宿泊者割引
常設・企画展
共通券
一般 500円 400円 820円
大学生 250円 200円 370円
※次の方は特別展の観覧料が免除となります。
  ・山梨県内ご在住の65歳以上の方
  ・小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の児童・生徒
  ・障害者の方(およびその介護をされる方)
※宿泊者割引は、県内のホテルや旅館等に当日か前日に宿泊される方を対象とした割引料金です。
※無料、 割引料金の対象となる方はそれぞれ証明できるものをご提示ください。
定期観覧券(年間パスポート)もどうぞご利用ください。

■主催:山梨県立博物館、甲府市
ページトップへページトップアイコン


■展示構成と主な展示資料
※いずれも現時点での予定で、今後変更される可能性があります。

プロローグ 甲府の草創
 戦国の動乱期に「府中」として建設されて以降、江戸時代の太平の世はもちろん、明治維新の動乱を経てもなお、甲斐国・山梨県の中心であり続けた都市甲府。全国的にみても稀有な歴史的歩みをたどった甲府とは、どのような町であったのでしょうか。
第一章 都市甲府の形成と発展
武田信虎画像(重要文化財)

大泉寺蔵

※展示期間:3月16日〜4月15日
 武田信虎・晴信(信玄)・勝頼の三代にわたって戦国大名武田家のお膝元として繁栄した甲府。豊臣政権期には関東の徳川家の抑えとして、江戸幕府が成立すると西の守りのかなめとして、政治・軍事的に大きな意味を与えられる重要な拠点となりました。
第二章 甲府城と城下町
懐宝甲府絵図

当館蔵
 江戸時代、約250年にわたる甲府の繁栄を支えたのは、甲府に住む人々でした。政情の安定や全国市場の形成などから、甲府は甲斐・信濃などの物資が集まる経済的拠点に成長します。ここでは甲府城と城下町の実像や、甲府屈指の豪商が形作った華やかな文化的所産をご紹介します。
第三章 近代甲府のあゆみ
全日本産業観光甲府大博覧会絵葉書

個人蔵
 幕末の動乱を経て、様々な制度が大きく変わった明治時代。しかし甲府には県庁が置かれ、一時は県名になるなど、その政治的・経済的地位は変わらず、大正・昭和初期にはモダンな「おまち」として栄えました。しかし、戦争末期の空襲は、甲府に大きな打撃を与えました。
エピローグ 甲府が拓く未来
甲府パンダ展覧会テレホンカード

個人蔵
 戦後復興から高度成長を経て、「平成」が終わりゆく現代にいたるまで、甲府の街は日々目まぐるしく変わっています。変わらないものと変わりゆくもの、そこから甲府のどのような未来が見えるでしょうか。
ページトップへページトップアイコン
■関連イベント

準備中。ご期待ください!

■展示図録

準備中。ご期待ください!
 


戻る


サイトマップ リンク
ご意見・ご感想 このサイトについて 個人情報保護方針